QNAP_cronを使う

自動実行ツールであるcronがQNAPでも使えます。
通常はcrontab -eなどで設定をすると思いますが、この方法では再起動すると設定が消えてしまいます。

以下のファイルを直接書き換えればok!
/etc/config/crontab
/tmp/cron/crontabs/admin

/etc/config/crontab
HDDに保存し再起動でも消えないようになる。
しかし、この設定では直接cronは実行されない。

/tmp/cron/crontabs/admin
QNAPが起動するときに上記「/etc/config/crontab」がこのファイルにコピーされる。実際にcronが実行されるのはこのファイル。
tmp上なので再起動すると当然消えます。

設定後にすぐ再起動するならば「/etc/config/crontab」のみでok!
再起動しないのであれば両方のファイルを同時に変更してcronを再起動
/etc/init.d/crond.sh restart

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

スパムが多いので日本語対応Captchaを導入しました。 計算結果を半角数字で入力してください。 * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.